*

体に必要なクエン酸は、サプリメントで。

164bf33ef9bcef73ef1398fb5270bb09_s

クエン酸は、レモンや梅干しを口にした時の「酸っぱい!」と感じる、あの酸味成分。酸っぱいのが好きな方も苦手な方もいるでしょうが、このクエン酸は私たちが生きていく上で大切なエネルギーを作り出すめになくなてならない成分なのです。

疲労回復に効果があることは広く知られていて、クエン酸のサプリメントなどを利用する人も増えています。このクエン酸、具体的にどのような効果があるのでしょうか。


クエン酸には、こんな効果があった!

●疲労回復効果
クエン酸といえば疲労回復といわれるほど、最も知られている効果。脂肪や炭水化物、タンパク質などがエネルギー代謝される時に重要となるのが「クエン酸回路」の働きなのですが、クエン酸が十分に足りていると、このクエン酸回路が活発に作用し、代謝が向上されることでエネルギーを効率よく作り出すことができます。エネルギー産生が活発になれば、疲労の軽減や早期回復につながります。
●食欲増進効果
胃腸の働きが鈍っていたり、疲労で食欲がない時、お腹がすき過ぎて食欲がわかない時などにクエン酸を摂取すると、クエン酸回路がしっかりと機能して胃腸の疲労も回復し、胃液の分泌が活発になり食欲も増進します。
●尿酸値の減少
クエン酸には、尿のphを下げてアルカリ化させるという働きもあります。尿がアルカリ化すると、尿中に尿酸が多く溶け出しますので、尿酸がしっかりと体外に排出されますので尿酸値が高くなって引き起こす痛風を予防できます。

クエン酸は常に摂取したい成分だということがわかりますよね。レモンや梅干しなどで手軽に摂取できますが、酸っぱいのが苦手な人はクエン酸のサプリメントがおすすめです。


クエン酸サプリメントの効果的な摂り方

クエン酸は、私たちの体のエネルギーを作り出すのに欠かせない成分。脂肪や糖質を燃焼し、効率よくエネルギーに変換できるので、クエン酸はダイエットにも活用できます。

クエン酸は梅干しやレモン、お酢などを少し多めに、こまめに摂ることで補えますが、どれもお味は「酸っぱい」ものですから、酸味が苦手な方には食べ物から摂るのはなかなか難しいですよね。

そんな方には、クエン酸のサプリメントを役立てるのがおすすめ。サプリメントなら、さほど酸っぱさを感じないフルーツ味のものもありますし、一日に必要な量を手軽にサッと摂取できますので忙しい人でも簡単に続けられます。

では、クエン酸やクエン酸サプリメントは、一日にどれぐらいの量をどのように摂取すればよいのでしょうか。効果的な摂り方を以下にまとめてみました。

●1日2グラム以上
クエン酸の1日の摂取目安量は2グラムから5グラム。スポーツをする人は5グラムぐらい、そうでない人は2~3グラムで十分です。摂りすぎても副作用などはありませんが、一時的に下痢症状になることもありますので過剰摂取は注意しましょう。
●1日分を数回に分けて
クエン酸は一度にたくさん摂っても時間がたつと体外に排出されてしまいます。サプリメントで摂取する場合は、1日分を一度に摂るのではなく、3回に分けて食事毎に摂るようにするのがおすすめです。食事と一緒に摂ることで、食べ物に含まれる脂肪の燃焼効率を高めることができます。スポーツをする人の場合は、運動の後に飲むと疲労物質の乳酸を分解できるので、運動の疲れを体にためにくくできます。
●ビタミンB、アミノ酸と一緒に
クエン酸のサプリメントを摂る時に、ビタミンB群のサプリメントも一緒に摂るとより効率よいエネルギー産生ができます。また、クエン酸には新陳代謝を活発にする働きもあるので、細胞の原料となるアミノ酸を一緒に摂ると相乗効果が期待できます。ぜひ覚えておきましょう。
bb604f879016caf87bd45b385e0d65a5_s

記事